自動車 自賠責 任意保険

車を所有する人は必ず加入する自賠責保険について

自賠責保険とは、車を所有している人であれば、必ず加入しなければならない強制保険です。

 

自賠責保険は自動車を購入した場合、車検を受ける際に加入する事となります。

 

対人傷害保険のみの内容となり、事故により負傷したり、死亡した場合に保険金が支払われます。

 

自賠責保険の補償は、任意保険と異なり過失割合関係なく、相手自分共に被害者としてみなされ、保険金を受け取ることができます。

 

ただ過失割合が70%超過の場合は一定の割合の減額、いわば重過失減額の対象となります。

 

 

そして、自損事故については保険料を受け取ることができません。

 

あくまでも相手がいる場合に限定されます。

 

支払い額は、死亡の場合は上限3000万円、傷害の場合は120万円、後遺症が残る程の傷害の場合は4000万円となっています。

 

このように自賠責保険は保障の範囲がかなり狭い為、通常は任意保険に加入して、足りない保証をカバーする事となります。

 

事故をした場合、賠償菌はまず、自賠責保険から支払われ、不足分は任意保険から支払われる事となります。

 

実際は支払われる賠償金は、自賠責保険の範囲で留まる事が多いようです。

 

死亡事故や後遺症が残るような重度の傷害となると、億単位の賠償金が支払われる事もあり、任意保険でないと対応が出来ません。

 

 

また事故というものは、人と人とのトラブルの引き金にもなりますので、賠償に関する話し合いは当人同士では非常に困難であり、保険会社を通して行わなければ話が進まなくなります。

 

これを示談交渉と言います。

 

したがって、任意保険はもはや必須といっても過言ではありません。

 

 

ほとんどのドライバーが加入する任意保険

任意保険は自賠責保険で賄うことができない補償をカバーするものです。

 

自賠責保険は対人に対してのみの保障しか無い上、死亡事故の場合でも賠償金に上限があり、最高3000万円となります。

 

 

任意保険では対人賠償保険はもちろん、

 

・物損事故の保障ができる対物賠償保険
・自身の車両に関する保障である車両保険
・同乗者や被保険者が所有している車を運転する人全てを保証する搭乗者保険
・自動車運転以外の傷害の保障までカバーできる人身傷害賠償保険

 

など、様々な種類の保障が揃っています。

 

 

また、交通事故というものは、相手がいる場合、賠償金の件も含めて当人同士で話し合いが必要となります。

 

しかし加害者側と被害者側が直接やり取りするというのは、当然ながら個人の感情が混ざり合う事となり、更に死亡者が出たとなると、冷静な話し合いというものはもはや無理というものであります。

 

その為、間を取り持つ保険会社が必要となります。

 

当人同士が接触することでトラブルになる事は必須であり、賠償金の話も進まなくなります。

 

保険会社が間に入ることで、保険会社が被害者、加害者それぞれと直接にやりとりをすることで、何とか冷静に話が進んでいくという事となります。

 

これを示談交渉といいますが、相手への損傷の程度によっては、示談が成立するまで数十年要する事も少なくありません。

 

この示談交渉ですが、契約している任意保険の内容によっては、対応してくれる場合としてくれない場合があります。

 

契約の際は、示談交渉について対応ができるか否かを必ず確認します。

 

 

車は所有しないが運転する機会がある人向けのドライバー保険

現在、任意保険で扱っているサービスというものはかなり豊富となっており、車を運転する方にとってはかなり安心できる内容となっております。

 

対人や対物賠償保険、搭乗者保険、車両保険、人身傷害賠償保険等、あらゆる事故に対してカバーができるようになっています。

 

更に保障内容はこれだけに留まりません。

 

任意保険というのは自動車を所有している人が入るものと思っているかもしれません。

 

自動車を所有していなくても加入できる保険があり、その1つとしてドライバー保険というのがあります。

 

このドライバー保険は運転免許を所有している人であれば加入できる保険です。

 

 

自分の車を所有していなくても、仕事上、運転をしなければならないケースやレジャーなどで他人の車を運転するきかいというものは必ずあります。

 

その際に、ドライバー保険に加入する事で、相手や仕事先に迷惑をかける事が無くなります。

 

もし、ドライバー保険に加入していなければ、車の所有者が加入している保険を使う事となり、ただ車を所有しているというだけで、保険の掛け金が高くなってしまうということになります。

 

また、自分の車に任意保険を掛けていても、他の車両を運転して事故を起こした場合は、全く適用されませんので、別途ドライバー保険に加入が必要となります。

 

しかし注意しなければならないのは、身内が所有している車を運転する場合は、ドライバー保険の対象外となることです。

 

また、適用する車両にも限りがありますのでよく確認するようにしましょう。