バイク専用自動車保険

自動車保険というのは何も四輪車だけとは限りません。

 

当然ながら二輪自動車にも保険があります。

 

ここでいう二輪車は原動機付き自転車や自動二輪、あるいは三輪のバイク等が含まれます。

 

バイクにも自賠責保険がありますが、自動車保険同様に対人賠償の一部しか保障ができませんので、任意保険を掛けるのが一般的であります。

 

通常の自動車のような四輪車の任意保険の中にはバイク保険をオプションとして付加させる事が可能です。

 

ドライバー保険同様に、バイクは所持していなくても、仕事などでバイクに乗る機会がある人は、バイク保険にも入っておくようにします。

 

バイク保険も取り扱っている保険会社によって異なるため、よく内容を確認した上で、契約を行うようにします。

 

 

バイク保険の掛け方

 

バイクを所有している人はそのバイクに保険を掛ける事となります。

 

もちろんバイクを所有していない場合は、他の人が所有しているバイクを運転する機会があれば、それらのケースでも保障が受けられるバイク保険に加入するようにします。

 

バイクはスピードもあまり出ず、本体の重さも自動車ほど何百キロも無い為、人への損害も少ないであろうと軽視する方も中にいる様です。

 

しかしバイクは安定性に欠ける為、僅かな接触でも、大事故につながる危険性が高いです。

 

特に相手を巻き込むというよりは運転者自身に身の危険が及ぶケースが多いです。

 

ただ、自転車が歩行者と接触したことで、歩行者が無くなったケースもある為、歩行者と接触する事は絶対に無いように心掛けるようにしましょう。