SAP PAP

複数の種類を組み合わせて加入するSAPやPAP

SAPやPAPという言葉を聞いたことが無いでしょうか。

 

これは任意保険の商品の中でもある特定の保障内容のものをセットにした保険商品を指します。

 

 

SAPについて

まずSAPですが、別名自家用自動車総合保険ともいい、対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、自損事故、無保険者傷害、そして車両保険となります。

 

これは一般の自家用車のみに留まり、商用車等は含まれない場合があります。

 

ここで人身傷害保険が含まれていません。

 

人身傷害においては、車を運転している人や同乗者の身体に受けた損傷をカバーできるという面で、搭乗者保険と重複する部分があるため、さほど問題視しなくてもいいようです。

 

 

このSAPは現在の任意保険のセット商品の中で最も一般的な内容となっております。

 

このSAPの最大のメリットは、対人や対物事故を引き起こした場合の示談交渉を保険会社が全て対応してくれるという部分であります。

 

ここで間違ってはならないのは、任意保険に加入さえすれば、示談交渉は全て保険会社が対応してくれるとは限らないという部分です。

 

SAP以外の内容でも示談交渉は保険会社が対応してくれない事はありませんが、対人限定で、対物などにおいては、賠償金の支払いまでは対応できても、示談交渉までは行ってくれない場合がありますので、注意して下さい。

 

 

PAPについて

次にPAPと呼ばれる任意保険のセット商品ですが、保障内容はSAPの内容から車両保険が除外された内容となっています。

 

ただこちらは、SAPと比べて加入できる範囲が広く、商用車やバイクの場合でも加入が可能となります。