自動車 搭乗者保険

同乗者を守る搭乗者保険について

同乗者

 

搭乗者保険とは、保険の加入を行っている自動車に搭乗中の人が、死亡したり、怪我を負った際に支払われるものです。

 

ここでいう、搭乗者とは同乗者だけではなく、ドライバー当人も該当します。

 

任意保険に加入した際に複数種類の保険が付加されますが、その内の1つです。

 

注意しなければならないのは、任意保険に入ったからといって、必ずしも搭乗者保険に自動的に加入される訳ではありません。

 

 

ただ、いわゆる任意保険加入者というのは、ほとんどがこの搭乗者保険に加入されているケースとなります。

 

対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者保険の3項目は最低限付与されている保険項目といえます。

 

自動車保険の見直しや、初心者ドライバーでこれから自動車保険に入ろうとしている人は、必ず搭乗者保険に加入するようにしましょう。

 

加入していないと、万が一衝突事故を起こした際に、相手側に対しては対人賠償保険や対物賠償保険が適用するものの、自分が怪我を負ってしまったり、死亡した場合に補償が受けられません。

 

相手に過失があり相手が十分な対人賠償保険や対物賠償保険に加入しておれば、補償は受けられるかもしれません。

 

無保険者である可能性もありますし、相手に過失が無い場合ももちろんありうる話なので、抜かりなく加入しておくようにしましょう。

 

第一、同乗者がいる場合は、同乗者を守ることができません。

 

そうなると、後々大変なことになります。

 

そのことを考えると、加入は必須といっても過言ではありません。